昨年の振り返りと今年の漢字。

デジャブを感じる書き出しです。この前の記事も似たようなタイトルだったことは気にしない。

さて、2017年も明けて1ヶ月が終わり、早節分です。
みなさん豆まきはしましたか。太巻きもしくは恵方巻きは食べましたか。明日は立春です。
昔は、立春と新年は同じように春のお祝いだったようです。旧暦の元旦は年によってまちまちでしたので、万葉集には「新年と立春が重なる今年は二重におめでたくて良い」みたいな歌もあったりします。

新しき 年の始の 初春の 今日降る雪の いや重け吉事(大伴家持)

新年と立春が重なって、雪がおり重なる吉事のようで、良いことがありますように、みたいな、まあ、グダグダ書きましたが、ようは今頃今年の抱負とか漢字などを書きますよっていう前置きです。
ブログの存在を忘れかけていたのは秘密です。

気を取り直して。
昨年はどんな年だったかって言うと、いろいろ仕事が忙しかったりもしたんですけど、一言で言うとわりとぐらぐらしてました。なんていうか、自分の足下が定まらなかったというか、私の存在意義って何だろうとか、私の仕事は誰かの役に立っているんだろうかとか、割とそんなことをうじうじ考え続けていた一年だったように思います。
プライベートでは、少し家族でやりたいことが見えてきた年だったかな。一昨年までよりは少し家に帰る時間が早くなって、仕事とプライベートのバランスがやや取れてきた感じはしています。
なんとなく一年間、試行錯誤を続けていた感覚。

それでもまあ、秋くらいから少しそのふわふわした感じは落ち着いてきていまして、やりたいこととか、生活の中で大事にしたいものとか、10年後にどうなってたいかを考えたりとかできるようになってきました。
自分の中で少し大きかったのは、2年越しで続けていたユーキャンの「くらしの筆文字」講座をちゃんと修了できたこと。終了しただけではなく、本当に上手になったんですよ。小筆文字。

 

ね。元の目標だったのし書きは、第二巻で死ぬほどやったので本当に上手になりました。もう怖くない。今では会社でハガキの宛先を頼まれるっていう、二年前には信じられないことも起きました。やー、二年でもやるとこんなになるんですね。というわけで、苦手でしょうがなかったもののひとつは目標達成。
英語の方は、まあまだ別に得意になったわけではないんですけど、とりあえずできるだけ毎日ラジオを聞いて、たまに書き取りやって、あとTOEICを20年弱ぶりに受けたりして、少しずつ進んでます。こっちも、だいぶ耳が慣れてきたのでやっぱり継続だな。

あと、少しずつ家の不用品を片付けたりしてまして「これは本当に私に必要なのか」とかを見直しているうちに、私のやりたいこととか、欲しいものとかが明確になっていった感があります。家も綺麗になるしいいことだ。これはまだ続けます。

さて、漢字。昨年の漢字は「信」でした。できたこともできなかったこともあったなぁ。と思いつつ、今年はどんな年にしたいかをいろいろ考え。ちゃんと元旦に決めていました。
今年は「明」にします。
夜明けのように、すみきって、はっきりとした、ものごとによく通じた、かしこくあかるい一年に。

今年の目標は、新年早々ひとつ叶ってしまったこともあるのですが、長くなるんでそれはまた気が向いたら書きます。

 


人気ブログランキングへ

 

昨年の振り返りと今年の漢字と今年の抱負。

えー、五月以来書いてなかったんですけど、去年から始めた今年の漢字と今年の抱負はなかなか良かったなと思いまして、さらりと今年の漢字と今年の抱負など。

その前に昨年の振り返りをまずせんといかんですね。

http://tinana.net/index.php/diary/2113

昨年の漢字の「跳」ですが、我ながら自らの力を使って結構頑張った年だったかなと思います。主に仕事がめっちゃ忙しかったんですけど、自分が苦手としていた分野をがつっと突き抜けることができたのと、それをちゃんと周りに認めてもらえた一年だったなと。特に後半。

ただまあ、忙しすぎて9月末あたりから毎月風邪引いたり寝込んだり、でもあまり休めずにまた無理してまた高熱出したりって感じだったんで、今年はちょっとそのあたりは改めようと。しゃにむにやるにはそろそろ年を食いすぎている……。あとプライベートがかなり削れてしまったのが(ほぼ夜は深夜帰りだったし、土日は体力回復を優先した)反省点です。娘も今年から幼稚園ですし、せめて土日はもう少し時間をちゃんととりたいと。

昨年の抱負の「新しいこと、初めてのこと、苦手だったことを避けて通らない」というものについては、苦手だったお習字はかなり上達しまして、まだユーキャンは終わってないんですけど、人前で筆文字を書くのが億劫にならなくなりました。むしろ割と楽しく好きになったので、自分でも半紙や硯を買ったりして、これは大成功。
英語については半年くらい真面目にやって、その後は半年分の復習をちらほらやりつつ段々下火に。というか、やはり全く話す機会がないとモチベーションも下がってしまい。そこんところが今後やるとしたら考えどころです。
自分でかなり苦手だなと思っていた分野もソコソコえいやと飛び込むことができましたし、昨年度はわりと成績良かったなと思っています。ただ、後期は時間がなさすぎたのがやはり……。もう少しいろいろやりたかった。

IMG_7763

今年はどうしようかな〜。と元旦から考えてたのですが、今年の漢字は「信」にしました。

漢和辞典を見ながら決めるんですけど、今年はスピードにのってがむしゃらにやる、というよりは、自分の力を信じて、少しずつこつこつ拡張していくようなものが良いなと思いながら探してまして、信はたくさんの意味があって、その内容も良かったので。
まっすぐ、いつわりなく、誠実に、うたがわず、しんじ、おもむくままに、拡張し、時期を外さず。
自分の力を信じ、誠実に一年を刻み、時期をあやまたずにチャンスを掴み取る、そんな年にしたいと思います。

今年の抱負は「体力と精神力で乗りきるのではなく、時流をつかまえる。うまくいったときは周りに感謝する」

やっぱり無理や無茶は続かないし、闇雲にやっても駄目な時は駄目なので、そういうときに力でごり押しするのではなくて、じっと時を待つという事をちゃんとやりたいなと。ついごり押ししがちな業界にいるので、まあどうしてもそうしたくなっちゃうんですけど、そう何日も無理が続く体ではなくなったなーというのも昨年身に染みましたし、年末に「あれもこれもできなかったな」というのはいやなので、状況を見極める目を磨こうと思います。

あと、今年の富岡八幡宮でのおみくじは「己の今日あるは見えざる神仏の守護なりと神仏をかしこみ、身を慎みて、世間にこの心掛失わずば更に幸運をつかむべし」とありまして、これはつまり「全部を自分の力で成し得たと勘違いして自惚れんなよ」って事だと思うので、周りに感謝し、その時をもたらしてくれた神仏に感謝し、奢らずに過ごす一年にしたいと思います。

そんなこんなで、今年もよろしくお願いします。


人気ブログランキングへ

 

初夏ですね。

なんかあっという間に初夏ですね。日差しがどんどん強くなって、休日とかはどこに行くか悩みます。暑いし。

先日上野動物園に行きました。すんごい人でしたけど、楽しかったです。でもパンダは1時間待ちぐらいだったんであきらめました。また平日にでも見に行っておくれ娘。

上野の象
ぞうさん見たりとか。

 

上野のお昼ごはん
昼からビール飲んだりとか。

昼からビールはぼーっとしますねー。上野動物園のレストランは結構美味しくて良かったです。前はお弁当持っていったんだけど、この日は唐突にのんびり朝ご飯食べ終わった後ぐらいに「どうぶつえんにいきたい」と娘が言って「じゃーいくか!」ってなったので、お弁当作る暇ありませんでした。楽しかったけど、娘途中で体力つきて爆睡。夫がずっと抱っこで帰ってきまして大変そうでした。

あとは最近の近況としては、お習字がだいぶ上達してきました。漢字仮名交じりはバランスが難しいんで最初は苦戦していましたけれども、最近は少しマシかなーレベルに。それでも最初に比べたら全然、もう本当に全然違うんですよ。毎回の課題で住所書くんですけど、東京の東とかもう本当に全然別物です。筆の使い方に慣れる、ということと、筆文字で綺麗に見えるコツみたいなものが少し分かるだけで、見違えるようになるんだなーというのを実感中。
とはいえまだまだ発展途上でありまして、これから先は行書とかも待っております。のんびり頑張ります。

かなもじの中の漢字はバランス難しい

あとは娘が音楽教室に通い始めたので、レッスンバッグなどを作ったりしていました。母とっておきのリバティをやっと少し使いました。アップリケだけど。

音符のアップリケつきレッスンバッグ

娘は物怖じとか人見知りを全然しないタイプなので、今まで2回行った音楽教室は毎回とてつもなく楽しみきって帰ってきています。カワイのリトミックなので、鈴振ってみたりタンバリン使ってみたり、歌ったり踊ったり太鼓叩いたり、の中で少しだけ鍵盤、というライトな感じで、飽きっぽい3歳にはちょうど良い様子です。同じ教室には同い年の女の子がいるんですが、毎回「ママと一緒じゃないとイヤだ~~~!」とママと一緒に教室にいるのに始まる前には号泣するのをなだめてようやくレッスンに入るらしいのに、先日など夫が風邪気味で廊下で待ってるから一人で行けるか聞いたところ、娘は「じゃーねー! またあとでねー!」と一人で教室に入って廊下は一度も見に来なかったそうです…。防音室なので何やってたかもよく知らないらしい(笑。

もう一つ、体を動かす習い事を何かさせたいと思いつつ、まあもう少し音楽教室に慣れてからでもいいかなー。ダンスとかバレエとか水泳とかそういうのが楽しくて体力使えて良いかなと思います。別に何かのプロにしたいわけではないし(本人がプロになりたいといえば別ですけど…)、人生が豊かになるためのきっかけ作りくらいのつもりで行けばいいかなと思っているので、飽きたら別のものでもいいかなーとか。
誰に似たのかお教室ごとが大好きなので、あんま飽きないような気もしますけどね…(笑。


人気ブログランキングへ

 

たまには時事話題など。

箱根の旅館さんが箱根の警戒レベル引き上げや火山性地震について「こういうのはよくあることなんです。だからきっと大丈夫なんです」的なブログを書いてたけど、たかだか人間が数十年生きてただけで経験した「よくあること」と、何百年以上のスパンで活動してる火山活動を、一緒くたにはできないよなあ、となんとなくぼんやり思ったのでつらつらと。

ご心配どうも!今、箱根人がどうしても伝えたいこと^^

仙石原温泉 仙郷楼の若旦那からいただいた写真です。

どうです?違いわかります?

残念ながら私にはわかりません^^

これが有史以前より変わらず噴きつづける

我らの大涌谷なのです。
http://hakone-hougetu.com/blog/?p=1159

箱根は、6600年前には横浜まで火砕流が達する噴火を起こした火山だし、300年前も関東一円を灰で埋め尽くす(御殿場周辺にまで3mの軽石がドカンドカン飛んでくる)レベルの噴火をおこしてます。300年前はたまたま軽い噴火だったけど、6600年前の噴火ももしかしたら軽い噴火で、もしそれ以上の規模であれば関東一円が火砕流に飲み込まれる可能性だってあります。

火砕流っていうのは、軽い何百度の灰がざーっと地表を這っていくもので、長崎の雲仙普賢岳の噴火を覚えている30代以上の人であればその怖さは少し分かってもらえるかな。走っても逃げられない。
津波みたいに「飲み込まれたけど運良く助かった」っていうのはほぼ99%くらいなくて、飲み込まれたらだいたい死にます。熱いので。

それが、噴火からだいたい数分レベルでやってくる。先日の御嶽山の噴火は水蒸気爆発だったので、一番死人が出たのは噴石だったけど、マグマ性の噴火だった場合には火砕流の危険性は十分あるわけです。
火砕流が到達したとき「たまたま戦車の中にいた!」って人なら助かる可能性もあるっぽいけど、まあ一般の車や家なら即燃えて一緒に灰になるです。

んで、火山の予測って言うのは今の科学だと100%の予測なんて無理です。なんか危ない気がするから念のため離れてね、近づかないでね、っていうのが今回。結果、「何にも起きませんでした!」になるか「間違えてましたごめん箱根全域火砕流に!」みたいなことになるかは、正直神様しか分からんレベルだと思います。
個人的には「警戒レベル2で火口周辺のみ立ち入り禁止」ってことは、予想されているのは水蒸気爆発で大規模な火砕流などが発生するような噴火の危険はない、ということだと思うし、そうであるならば「火口付近は行けないけど、箱根に是非きてね!」って宣伝する旅館の主人の態度は至極もっともだと思うので、旅館さんの態度を批難しているわけでは全然ないです。というか、「今まで0.04%だった噴火の確率が、今はもしかしたら1%くらいになったかもしんない」って感じの話なんじゃないかと思う。今は。

なんでまあ、たとえばもし、富士山がもんのすごいヤバイ感じになってきて、「明日か明後日爆発するかもしれなくて、小規模だったら富士市くらいまでで影響おさまるかもしんないけど、大規模だったら関東一円全域火砕流かもしれないし、もしかしたら何にも起きないかもしんないけど、死んだらアレだし今すぐ休暇とって北海道か九州に逃げろ」って言われたとしても、私も困惑するんで、てかそれで仕事休める人ってなかなかいないんじゃなかろうかと思うんで、旅館の方とか箱根の観光に関わる方にとっては今回の警戒レベル引き上げは死活問題だと思います。食ってかなきゃならんもんねー。

ま、オチもなんもないんですけど、2万6千年前の姶良カルデラの噴火の時には九州全土が約20分で火砕流の中に飲み込まれたのではないかという予測もあるし、そのときの降灰は日本全土はおろかロシアまで飛来した事実があるので(ボーリングしたらちゃんと日本全土から出てきますよ!)、地球がちょっとニキビ潰れた程度でも人間には大災害で、人間ってやつは全く何の抵抗もできないちっぽけな存在だなー、と思った、程度の話です。日本どころか世界中見回しても自然災害から逃れられる土地なんてない。太陽がちょっと本気出してスーパーフレア地球に向かって放っただけで、人類大半死滅する危機が起こるわけだし、宇宙の前には人なんて塵芥です。みじんこです。

今、たとえ富士山大噴火! ってニュースが今入ってきたとして、15分後に品川(職場付近)まで火砕流到達です! ってなっても
「あー、私死んだなー。残念。私のミトコンドリアは分岐選び間違えたわー」
と思って、私はたぶんあっさりあきらめます。
もう「家族に会うんだ!」とかってハリウッド映画ばりに走ったって絶対間に合わないしね。家に着く前に死ぬし。

そして、そんな災害を乗り越えて幸運にも生き残った人たちは、またたくましく生活を再建していくのであろうなーとも思うし。人類はかつて、わずか1万人まで減ったこともあるらしいです。
(10万を切ったら絶滅危惧種認定なので、レッドデータブックで言えば「ほぼ絶滅」扱いですね)

私は「人類という種」が生き残るのであれば、まあ何だって有りじゃないかと思っているのです。もちろん地球の歴史から見れば人類繁栄すらも一瞬の輝きのように短い時間なのでしょうが。

話がでかくなりすぎましたけど、今の東京一極集中だと、6600年前レベルの箱根の噴火が起きたら、とてもじゃないけど立て直しに時間がかかるだろうなーとぼんやり考えたっていう駄文でした。

駄文なのになげえ!


人気ブログランキングへ

 

春満開。

豊洲の桜

あちらこちらで春ですねー。とか言ってる間に東京では雪が降ったりして、いったい春なのか冬なのかよく分からない嵐もありましたが。

毎年年度末はとても忙しいのですが、例に漏れず3月はいろんな事でいっぱいいっぱいになっていました。4月に入ってようやく少し落ち着きを取り戻しています。休日出勤とかもしていたんですけど、代休ももらったし、少し心身ともにのんびりしてます。(今月はあと1日、5月も1日休みもらう予定)

豊洲の桜
豊洲の桜

湾岸エリアに引っ越してきて1年が経ったんだな、と豊洲のららぽーとに遊びに行ったときに思いました。なんだかんだ言って、越す前よりも今の方がずっとこのエリアが好きです。こないだ久々に人の多い土曜の表参道に行ったら(仕事だったんですけど)、人の多さにめまいがしました。ていうか歩道がまともに歩けないんですわ。これ初詣? みたいな混み具合。でも新宿もそれほどじゃないにしろやっぱり人だらけですし、子供の手を安心して離せるところなんてほぼないわけで、そのあたりは湾岸エリアの「子供を手放しで遊ばせられる場所の多さ」にはとても気持ちが安らいでいます。歩道も自転車と分離している上に広いため、手をがっちりつないで神経とがらせる必要が全然ないですし。まあ、越した後1年でどんどん新築も中古も坪単価上がっちゃっていて(まもなく頭打ちになりそうな気配もしていますが)、今売れば実は買った値段より高く売れちゃったりしそうですが、とはいえこのエリアを離れるのはイヤだなーと思ってます。子育て的にも都心の近さからも。この1年は激混みの通勤電車とはほぼ無縁の生活で、体がめっちゃ楽ですし。

さて、春になりまして、いろんな事がちまちまと起きました。まず昇進しました。実は1年留年してたんですけど(笑)、昇進試験の勉強を地道にやって今年は受かりまして。これで上司にプレッシャーかけられなくなるかなーとか思ってましたけど、昇進したらしたで「昇進したからには」的にタスクが振ってきて、まあ想定通りです…。

品川の桜
品川の桜

3月から始めた英語は、4月から本格的に取り組むものを3つにしぼりました。一ヶ月やってみて、やっぱり背伸びも、逆に易しすぎるのも良くないなと分かったので。電子書籍でテキスト買って、らじる☆らじる(NHKのラジオアプリ)で聞いています。

  • 英会話タイムトライアル (月~金) 10分番組
  • エンジョイ・シンプル・イングリッシュ (月~金) 5分番組
  • 入門ビジネス英語 (月・火) 15分番組

聞き逃したら、NHK語学( https://cgi2.nhk.or.jp/gogaku/index.cgi ) で前週に遡ってストリーミング放送を聞いています。iPhoneとかでも聞けるので便利です。翌週、全講義をさらっと復習したりもできるので、とても便利に使っています。

あと、4月からまたなんか1つ始めたいな-と思って、これも始めました。

  • まいにちドイツ語入門編 (月~水) 15分番組

ドイツ語はなんとなくずっとあこがれがあって、やってみたいなーと思ってたんですが、4月から新しく「単語の読み方」とかから始まるので、いい機会だしやってみようかなと。これも英語と要領は同じですが、本放送が働いているとどうしても勤務時間とかぶってしまって(真っ昼間にやっている)聴けないので、主に翌週に2周聴くって感じです。まだ、Wir trinken kafee (私はコーヒーを飲みます)とかなので余裕です。(・ω・) そのうちあっぷあっぷになるかもしれない(笑。いつかドイツに10日くらいで旅行に行きたいです。いつだ。

まあ、続くといいなと。春だしねー。


人気ブログランキングへ

 

春ですねー。

ぼちぼちといろいろやっているので近況報告的なやつで。

お弁当続いてます。月曜日は外食の日なので作っていませんが、平日は出張だったりしなければだいたい毎日。家で食べるのと同じおかずでも、冷凍食品が入っていても、お弁当を持っていく方が飽きないし美味しいです。あと痩せます。今ちょっと運動ができてなくて、停滞しながら本当にゆるやかに減っていますが、運動できなくてもリバウンドもしていません。

お弁当

娘のお弁当は一度ノリで顔をつけたらそれ以来ずっとノリで顔つけてね! と念押しされるので、毎日ちょっとずつ違った顔にしてます。ただ、たまに失敗する。(猫作ったときは猫に見えず、おにぎりに顔つけようとしたら明らかに禿げたおっさんが覗いてる風になった)

夫も昼を一食考えなくて良いっていうのはわりと気が楽になるようなので、どうせ自分の分は作るししばらく続けようと思います。真夏はどうしようかまだ考え中。続けたいけど傷みやすいのでどうかなと。

やりますよ! と宣言した「くらしの筆文字」も、英語も、今のところ続いています。
筆文字は、課題提出の時に「左払いが苦手です」と書いて送ったら、丁寧な「左払いのアドバイス」のお手紙をもらいました。

おてほん
おてほん

美しすぎて震えた。
筆でこんな印刷したみたいな文字書けるんだなーと。いやあ、プロってすごいね……。

あと、英語はざーっといろいろな番組を聴いてみて、リアルタイムで聴けそうな「エンジョイ・シンプル・イングリッシュ(平日朝9時10分から15分までNHKラジオ第2)」と「入門ビジネス英語(月火のみ朝9時15分から30分までNHKラジオ第2)」は通勤中に聴くようにして、「英会話タイムトライアル(平日12時15分から25分までNHKラジオ第2)」を昼休みにちょこっと聴くようにしました。
基礎英語も一応通勤中にCDを聴いてテキストもやってはみてるけど、やっぱちょっと簡単すぎたので4月からはないかな。その代わり土日にやってる「攻略!英語リスニング」をストリーミング(NHKのマイ語学に無料登録するとタダで前週分の放送が聴けます(一週間のみ!))でチェックするようにしようかなと思ってます。

もう一つ、合わせて始めたのは、英語2行日記。これは、テキストを買ったら後ろのほうに「2行日記を書いてみよう」ってコラムがあって、あー2行っていうか、2文だったら、続けられるかなあと思って始めました。どんなに短くても良いことにしてます。気が向いたら3行書くことにして、ぽちぽちと。
ただ、iPhoneで日記書いてるので、英語の予測変換とか、翻訳ソフトとか活用していて、手で書くほどの勉強にはなってないかも(笑。書いてることも「なんか理由もなく疲れてる。今日は早く寝よう」とか「娘がこんな事をしたらしい。彼女のこういうとこは好きだな」とか、そういう「そんだけ?」みたいな内容ですが。
でもま、「あーこれなんていうんだっけ」って単語を思い出し、思い出せなかったら単語を調べ、ついでに単語の使用例を調べ、書き上がったら文法が間違ってないか翻訳ソフトでチェックして、みたいなのは割と勉強になるなーと思います。2行だから初めて使う単語もせいぜい1~2語だし、数分で終わるので通勤中で書けるし。

まあどこまで続くかなー。と自分で自分をあんまり信用してないとこもあるので、ま、続けば御の字、くらいの感じでゆるーく続けます。


人気ブログランキングへ

 

苦手なものといえば。

新年の抱負第二弾。

私の苦手なものといえば、アレです。アレ。ここまで色々やってみては敗走してるアレを、性懲りもなく(っつうかそういう抱負を立てたからにはやはりやっとくべきかと重い腰を上げ)、来月からのんびりやることにしました。

これです。

IMG_3384.JPG

これっすわー。
やっぱりこれが今までの人生で最大クラスでしょう。私の場合、英語が嫌いっていうよりも、苦手。意思の疎通をする手段でありながら、全く意思を疎通できないのがその苦手意識の根幹ではないかと思っています。こつこつやるしかないのは分かってるんだ。だってそうでしょう。なんだってこつこつやらないと身につかないんだもの。

娘を育てて分かったのは「幼児の頃から英語脳を育てる!」という教育法のいかに無駄なことかってことですよ。あのな、英語圏の子供が英語を覚えるのは、1~5歳が著しく脳を発達させる時期だから、ではなく、「周りに英語しか話す人がおらず、使いこなさなければ自分の生活が危うくなることを本能的に分かっており、なおかつ周りの大人が毎日毎日毎日毎日繰り返し繰り返し単語や用語の使い方や文字の書き方を教えてくれるから」ですよ。
同じ環境に大人が2年いたら大人だって覚えますよそりゃ。ただし大人の場合、自己学習を求められるのでそんなに根気よく教えてくれる外国人なんて存在しませんが。たとえば両親とも完全に日本人の家庭で、週に1~2時間だけ塾や英語教室に行かせてたとしても幼児が英語覚えるわけねー。親がバイリンガルで家でも英語ぺらぺらとかなら違うかもしれませんが。

んでまあ、これまで高い目標にいきなり挑んでは挫折していたので、今回は地味にやろうかなと。このNHKの基礎英語1は「中学1年生レベル(英検4級レベル)」で、はて私は高校も卒業してるはずなんですけどなんでこれ? というのは、優しい踏み台を3月の1ヶ月間手慣らしでやってみて、4月から始まる新講座でどれを年間続けようか決めるようにしようかな、と。本当は「大人の基礎英語」か「ビジネス英語」にしようかなと思ったんですけど、まあここ10年ほど海外旅行の時以外ほぼ英語と無縁の私にとっては、この辺からやるのがきっと心理的ハードルを考えると無難なんじゃないかと思いまして。いきなり4月に挫折すんのやだし…。(これまで何度も踏んだ轍)

オススメされていた英会話タイムトライアルでもいいかなと思いますが、その辺も含めて3月はちょっと試行錯誤してみようかなと思います。

ちなみにラジオをリアルタイムで聞くのは難しそうなので、いきなりCDつきにしましたが、マイ語学に登録するとストリーミング放送も聴けるっぽいので、来月からはそっちにする予定です。

あんまり頑張りすぎずに頑張るぞー。(小声

あ、筆文字はなんとかやってます。今はカタカナから漢字の練習にステップアップしました。だいぶ小筆の使い方に慣れてきて、結構良い感じに。こちらは2回目の添削課題を提出中。


人気ブログランキングへ

 

マカロン

土曜日、マカロン大好きな娘とショッピングモールに行きました。バレンタインなので、製菓キットがたくさん置いてあるコーナーができてまして。コーナーの前を通りかかったら、マカロンのパッケージが。マカロンはとにかく難しいイメージなので、へえー、こんなのあるんだー、と手に取って、裏面の作り方を見て、やっぱ少し面倒そう…と思いながら棚に戻したら、

「マカロン、つくれるの? これ買う?」

と娘が聞く。

「うーん、でも、ちょっと難しそうなんだよー」

と私が言うと、

「だいじょうぶだよ! れんしゅうしたらつくれるようになるよ! れんしゅうしたらいいんだよ!」

と励まされた。

そうだね。なんでも練習したらいいよね。娘ちゃんができないって泣いてる時には、私もお父さんもそう言うもんね。かーちゃんもなんでもやってみないといけないねえ。
と答えながら、これは今度ね。マカロンは絞り袋とか使うお菓子で難易度が高めなので、もうちょっと大きくなってからね。

「なんいど? 大きくなったらできる?」

という娘にうんうん言いながらなんとか説得。私はたぶん頑張ればできるんだけど、娘がぜったいやりたがるので、もう少し待ちます。絞り袋やるって言われたときに詰む…。

協議の結果、型抜きクッキーのミックスを買って帰ることにして、昼寝して起きたら娘が38度になってました。夜には39度を超え、40度になったら救急車かな~と夜中数時間おきに体温はかってましたが、そこをピークに夜中は37.7度~38度をうろうろ。翌日には37度台前半に下がり、今朝は平熱になってましたが、大事を取って本日はおうちで様子見の予定。ここ数日冷えたので、そのせいですかね~。

日曜はお出かけできなかったので、微熱くらいに下がった娘と型抜きクッキーを作りました。
娘とお菓子作りはなかなか楽しい。(σ・∀・)σ

みなさまもまだまだ寒いのでご自愛ください~。


人気ブログランキングへ

 

スキーに行きました。

1月末に、スキーなど行ってきました。スキー楽しい。スキー好き。

年末年始にも行ったんですが、もう一度くらい行っとくかと。ついでに温泉泊まるかと。
金曜に休みをもらって、木曜の夜からどんぶらこと新幹線に乗り(娘と夫は昼に移動してた)、夫の実家へ。翌日金曜から土曜にかけて、片品村に泊りがけで行ってきました。

好きでよく行っているのは、かたしな高原スキー場。ここは関東で唯一の、スキー専用スキー場なのです。私と夫はスキーしかしないのと、ボードがいないのでゲレンデの状態がいいことと、娘とフラフラ遊んでいても事故が起きにくいということが気に入ってます。
スキーとボードは、視野が違いすぎるため、特に家族連れに力を入れているかたしな高原スキー場は、事故防止のためにスキー専用ゲレンデにしているようです。力を入れているだけあって、子連れにとても優しいスキー場。遊び場豊富で、まだまだスキーの練習などはすぐ嫌になってしまう娘も、楽しく雪遊びができます。

ミッフィーが公式キャラになっていて、ゲレンデはあちらこちらにミッフィーがいっぱい。

IMG_3096-1.JPG

かわいい。

あと、ご飯がフツーに美味しいです。おやつも豊富。娘が滑られるようになったら、リフトで登ったとこにあるレストランも行けるかなー。ロッジにも泊まってみたいです。

ま、娘はまだまだスキーより雪玉作ったりに夢中でしたけど。

IMG_3115-1.JPG

どーんとね。まあやるよね。
ただ、雪がサラサラすぎて全然固まらないのが難点。

スキーは、簡易スキー板履かせて、足の間で脇を支えてやって滑るのと、完全に抱えて膝に乗せて滑るのをやったら、翌日筋肉痛でふくらはぎと太ももと腹筋背筋が死にました。(:3ゝ∠)

IMG_3130-1.JPG

泊まって翌日は、吹雪すぎて極寒で、昼には撤退したけど、楽しかったー。

今年のスキーは多分おしまい。来年はブーツ新調しようかと思ってます。


人気ブログランキングへ

 

習い事など。

先の日記の通り、苦手なことを避けて通らない。ということを新年の抱負にしました。
さて、苦手な事って何だろな、と正月からぼんやりと考えていたら、姪っ子が旦那の実家で義母に見てもらって「書き初め」の宿題をやってまして。

書道、苦手なんだよなあ。。。昔から。

まあ書道にかかわらず字がそんなにうまくないので、人前で何か文字を書くのは好きじゃないのですが、それにしても書道は苦手意識が強くありました。小学生の頃の書道の授業がとにかく嫌いで、中学生になった途端に書道の道具を全部捨てたくらい。でも、学生の時はまあそんなに筆とか筆ペンとか持つ機会がないんですけど、社会人になると何かというとあるんですわ。祝儀・不祝儀の袋の名前、内袋の住所氏名、金額、あとは結婚式や法事での芳名帳。

なんていうか、こう、苦手だなあと思いながら筆ペンを持ち、ちょこちょこっとその辺の紙で練習しては、比較的マシかな……と思えるものを差し込み。祝儀袋などを差し出すときに「あんまり見ないで欲しいな」と思いながら出したり、一発勝負で書かなきゃいけない芳名帳の前で軽く緊張する。いやもともとかなり厚顔な方なので、別にそんなにまじめに苦しんでいるわけではないし、終わったら速攻忘れちゃうんですけど、なんとなくやだなあと思いながら筆を持つことにずっと「やり残した宿題」みたいな感覚を持ってまして。ああ、うまくならないまま、ちゃんと練習しないまま、大人になってしまった、みたいな。

これ、一生ずっと年に数回「やだなー」と思いながら筆持つのかなと。

んで、義母は書道の師範だったりするんですけど、やってみようかな、って相談したら「お金払ってちゃんと習った方がいいわよ。ちょこちょこやってても続かないしうまくならないのよ」って言われて「そらそうだろな」と納得しまして、冬期キャンペーンとかやってたこともあって(まあ年中なんかしらキャンペーンやってるような気もしますが)新年の勢いで申し込みました。

ユーキャン。暮らしの筆文字講座。どーん。

筆文字講座
筆文字講座

35,000円也。

35,000円で、「当社比マシ」なレベルの筆文字が書けるようになるならば、安い。方だと思う。たぶん。分からんけど。別に、アレです。高望みはしてないのです。年賀状をわざわざ筆で書いて「まあ達筆!」とか言われたり褒められたりしなくてもいいんです。人前で堂々と祝儀袋を出したいのです。芳名帳の前で、緊張せずに筆ペンを手に取りたいのです。おめでたい席の時に、ちょっとの気後れもなく、何の気兼ねもなくご祝儀出したいじゃないですか。自分の住所書くときに、バランスは……とか考え込まず、書いた後に「あー駄目だ」とか思わずに、故人を偲ぶことに意識を集中させたいのです。

10ヶ月の講座も一歩から。(あ、添削は2年まで平気なのでのんびりやっても大丈夫)

IMG_2976.JPG

というわけで、最初の第一課。直線です。
書いてるときには案外いけてるかと思ったけど、ヨレヨレです! ハハッ! 縦より横の方が難しかったです。あと、小筆の先にぴょろって出た毛って、切っちゃって良いの? そのままにしとくべきなの? 分からんことだらけである……。

この練習の後、何の練習もしないで住所と氏名を書いて課題として送ります。住所と氏名は、これからの課題提出の度(毎回課題が違うんだけど、それプラス住所氏名)に送るんですが、送ったら添削されて戻ってきて、その住所氏名の最初と最後を比べて上達を実感しよう、みたいな感じになっています。果たしてうまくなるのか私。

まあ、ゆるゆるがんばります。1年で終わらせたいなあ。(‘ω’)


人気ブログランキングへ