レモングラスとローズマリーのバスボム。

 お仕事は相変わらず忙しいです。彼氏くんが最近、トレーディングの勉強にものすごくつっこんでいるので、私はてろてろとおうちでは遊んでいたりとか。とりあえずやらなきゃいけないことが片づいたので、あとは運を天に任せておうちではのんびり中。

 んで、最近試行錯誤しながらやっと満足のいくものが作れるようになってきましたバスボム。

お風呂3回分の分量は以下の通りです。

A
 ・クエン酸 1/4カップ
 ・重曹 1/2カップ
 ・コーンスターチ 1/4カップ
B
 ・ウォッカ 小さじ1杯
 ・グレープシードオイル 小さじ2杯
 ・精油 ローズマリー4滴 レモングラス4滴 ラベンダー2滴

作り方
 Aをよく混ぜる→ Bをよく混ぜる →AとBをあわせてよく混ぜる(スプーンでだまをつぶしながら混ぜるとキレイに混ざります。) → さらさらになったら、紙コップでもマグカップでも製氷皿でも良いので、適当に押し固めて冷蔵庫で30分冷やします。固まったらできあがり。1/3が1つのお風呂に丁度良い量です。私は型に詰めるのではなく、サランラップで球状に丸めて、手でぎゅっぎゅっと固めてから洗濯ばさみで止め、冷蔵庫に放り込みます。ただ、うっかり洗濯ばさみがはずれると、まっぷたつに割れて固まるのが諸刃の剣です。

 ちょっと少ないかなー? ちゃんと固まるかなー? ってくらいのさらさらパウダーで作ってしまうのがコツ。うっかりウォッカを入れすぎると、発泡反応が進んでしまい、お風呂に投入したときに変なダマダマができます。そしてしょんぼりできます。スターチの代わりにスキムミルクとかクレイでも良いみたいですが、スキムミルクは熱いお風呂に入れるとタンパク質が凝固するのであんまりオススメしません。

 精油は5〜10滴の間で作ると丁度良いです。見た目と合ってるので、フラワー系よりもレモングラスとかペパーミントとかのさわやか系の方が、私は好みです。逆にバスオイルはフラワー系一辺倒ですけど(笑。レモングラスとローズマリーのバスボムは、本当にさわやかで、痩せそうな香りです。なんとなくですけど、頭と体がスッキリする感じ。覚醒って感じではなく、夜に使っても普通にリラックスできる森林浴のような香りです。超おすすめ。

 前、ご紹介したローズのマッサージオイル。ちょっと油が劣化してきたけど捨てるのは勿体ないなーと思って、バスオイルに格下げしてみました。小さじ2杯くらいお風呂に投入。基材にしたオイルがアーモンドオイルとマカダミアナッツオイルだったからか、浴槽にも全然べたべたしない、軽い肌触り(さらにウットリするほど良い香り!)の素敵なバスオイルになりました。牛乳と混ぜても良さそうです。おわけした皆様、どうぞお試しあれ♪