灼熱の。

練馬。梅雨あけてからこっち、35度を超えない日がないです。明日なんて37度予報出てるし。今日は36度越えたし。体温ですよ。うっかり帽子とか日傘とかサングラスとか装備しないで出かけたら、生命の危機を感じる気温ですよ。暑いのなんのってもう、暑いです。全国の天気予報で「都内は34度予報」とか言われると「練馬は都外扱いなのかー」とやや思います。hahaha(´ω`)←力ない笑い

まあでも、やっぱ通勤がないのは楽ですねー。梅雨明けと同時くらいで産休に入ったのは結構ラッキーだったなぁとか思ってます。検診やらなんやらで出歩くこともあるんですが、正直仕事カバンを持って会社に通勤とか、妊娠してなくてもこの暑さじゃ体力削られるもん。産休入る前もだいぶ辛かったけど。まだまだ産休に入るの先だよ!って妊婦さんは本当に大変だなーとかしみじみ思います。

そしてまめぞう(呼び方めんどくさいから変えてない)は先日の検診で2300gを越えました。35週で2300gだから、まあ平均です。平均よりちょっと大きめくらいかな。初めてNSTっていう分娩監視装置をつけたんですが、まだ陣痛らしき張りもないし、まめぞうの心拍もまったく問題ナシ、ってことで相変わらず順調の太鼓判を押されました。しかし、起きてるときと寝てる時を監視しないといけないのに、15分経っても爆睡中のまめぞう。看護婦さんにごそごそモニターチェックされようが何しようが起きないため、先生登場。

「結構周りで違う声がすると起きたりして逆になかなか寝ない子が多いのに、大物ねえw」とか笑われながら、肩マッサージみたいな振動とともに結構大きな音がするブザーを腹に当てられました。その途端、腹の形がリアルに三角に飛び出る勢いで起き、心拍数飛び上がるまめぞう。その後は「何故起こしたぁぁぁああ!」とばかりにどかんどかん苦情申し立て。orz 痛いし…。「うん、元気元気ー。問題ないわねー」と先生はあっさりNST終了。

37週の正期産頃には2500gも越えてくるだろうし問題なさそうです。個人的には3000gちょうどくらいで出てきてくれるのが理想なんですが、まあそうそう親の都合通りにはいかないだろうし、好きなときに好きなタイミングで出てくるがいいさ。

そんでやっと入院準備品リストをもらったので入院準備など。すぐ持っていくもの、産んだあとにmomoちに追加で持ってきてもらうものなどを分けて準備して、とりあえずこれで一安心かな。来週から36週で、いよいよ臨月ですが、いつ陣痛くるかなあ。37週以降はあんまり出歩く用事は入れてないんですが、37週から予定日までそうは言っても3週間くらいあるわけだし、家にいてばっかりだと飽きそうです。

まあそんなこともあろうかと、TSUTAYAディスカス入会しましたけどね?<シリーズ物を借りて鑑賞中。

Blog Ranking参加中。最初に借りたのは攻殻機動隊。
|BlogRanking に一票| ← S.A.C 見終わるまでに産まれるかなぁw