見えないけど見える。

先日、娘が不思議な寝方をしました。

これまでも、添い寝してると薄明かりの中(うちの寝室の照明は、マメ球の代わりに青LEDがつく)じっと天井を見つめてにっこりしたりしゃべったりしてたこともあったんですが、こないだは一度寝たのに眼をぱっちり開け、起きちゃったかな〜と横でゆっくりとんとんしながら添い寝してたら、天井を見上げてニコニコ笑いながらあうあううーうーご機嫌でひとしきりしゃべり、5分くらいその状態でしゃべったあと、こてんと横向いて寝ちゃいました。

んで、思い出したんですけど、私も5歳くらいまで眠る前にいろんなものが見えてたんですよ。

オカルト…っていうよりは、幻覚に近いんだけど。幽霊とか妖怪とかそういうんじゃなくて、動物とかおもちゃとか、見たことがあるものも、見たこともないようなものも、素敵なものが虹色に光りながら、天井いっぱいに列を作って、部屋の壁から出てきては反対側の壁に消えていくのを、毎晩のようにみてました。楽しくて見飽きなくて、動いてるのもあればただ流れていくものもあったり、うまく表現できないんだけど、綺麗だし楽しいし怖くないパレードでした。

夢みたいですが、そのパレードと一緒に母が部屋に入ってきたり出ていったりするのも見えてたし、その頃は左側に障子があったんですが、障子の外で車の光が動いたらそれも見えてたので、夢じゃなかったんだと思います。娘もそんなのが見えてるのかなあ。懐かしいものを思い出したな〜。

一度母に話したことがあるんだけど「夢を見たのよ」ってとりあってもらえなくて、その後は全く話さなかったのを覚えてます。でも、気がついたら見えなくなってたな。なんだったんだろうなあれ。

Blog Ranking参加中。自分が子供の頃のことをいろいろ思い出す。
|BlogRanking に一票| ← 娘は私の子供の頃に顔が似てるらしい。

 

見えないけど見える。」への4件のフィードバック

  1. 入眠時幻覚ってやつかしら?

    オイラは親兄弟には聴こえない(おそらく20kHz超)音を指して「あの音、何?」って
    訊いてケンカになった事がある。

  2. 入眠時幻覚なんてものがあるんですねー。
    調べてみたんですけど、あんまり怖い思いはしなかったので、
    ちょっと違うかなあ…。ただパレードしていくだけだし。
    何が見えてたんですかねw

    しかし、小さい頃から耳が良かったんですね〜。(‘ω’)ノ

  3. なんか凄いですね☆

    私、そんなに幼い時の記憶が無いです(^^;

    ただ、幻覚っぽいものというか視覚機能がハッキリしてなかったのか

    眠くなると小さいものがものぼやけて凄く大きく見えたりして
    気味が悪かったような記憶があった気はしますw

    子供心にこんなものなのかな?と気にも留めず

    これが小さいおっさんならまだ寝覚めも良かったんでしょうけどねw

  4. それは立派に幼い頃の記憶だと思いますよ!(‘ω’)ノ
    なんか、子供の頃は夢と現実の境目が曖昧らしくて、昼間の情報を整理するために
    いろんなものが見えることがあるらしいです。

    小さいものがぼやけて大きく見えるってのも面白いですねえ。
    そしてそれをナチュラルに受け止めてるのも、すごいナーと思います。

    小さいオッサンだったら大きくなって思い出したら少しホラーですw

コメントは停止中です。