プレゼン終了。

 ひとつの山越えー。というわけで、本日無事にプレゼンが終わりました。システムがらみのところは私が説明したりしたのでちょっと緊張したりもしましたが、まあつつがなく。残るひとつは木曜日のサーバアップが山ー。蒲郡遠い…( ‘=’)トオイメ。しきりだけが終わってしまえば普通に終わるはずなんですが、どうにも不安な部分もあり。なーんかやりとりにおいて不安が払拭されないなあ。きちきち確認してるんだけど、アップ日ってトラブルがあると相場が決まってるからなぁ。

 トラブルってないにこしたことはないんですけど、WEB関連っちう職業柄、どうしても多少のトラブルは起きがちです。電車の運行とかだとトラブル自体が問題になるんですが、WEBの場合はどうしてトラブルが起きたのかを言及するよりも、どれだけ早くリカバリできるかの方が重要だったりします。なのでー、代理店のディレクターである私の立場としては、いかに早くその状況から脱出できるよう取りはからうか、遅れた分の責任をどうやって取るか、が重要な仕事になります。

 というか、私の仕事に限らず、仕事ってトラブルが起きたときにこそ自分の底力を期待される部分かなあとか思ってたり。普通にきれいに回すのって、まあ言わばできて当たり前なんですけど、人間がやってる仕事である限り、どっかで絶対滞ったりするものじゃないですか。そゆときにですね、どしっと切り盛りできるかが仕事人としてはみられるところかなと。こう、新婚旅行(海外)で慌てふためき、全然頼りにならない人だと分かって成田で離婚するーなんて話が一時期笑い話になりましたが、トラブル起きたときに部下のせいにしまくる上司とか、俺のせいじゃないって保身に走る担当者とか、よくいるけどほんと格好悪い。普段かっこいいことをいくら言ってたとしても、ぜーんぜん頼りになりません。というかむしろ腹が立ちます(笑。頼りがいがあるわー!なんて勝手に幻想を抱いた旦那が海外でぐだぐだだったら、そりゃあ奥さんも幻滅だと思いますが、たぶんそう言う人って仕事上のトラブルも苦手なんじゃないかなあと思うんですよ。で、そう言う人って意外と人から見られていてなかなか出世しなかったりね。成田離婚は傷が浅くていいのかもしんないね…。

 私が今まで「うわー、かっこいいなあ」って思ったのは、前の前の会社の課長が「なんかあったら俺が責任取るから。俺はそのためにいるんだから」って言ったのと、今の会社の違う部署の部長が「え、トラブル起きたら始末書書いたらいい?」ってさらって言ってたことです。別に開き直ることが格好いいとは思わないけど、さらっと責任取れるのはかっこいいなあ、と思います。逆に、ぎゃあぎゃあ誰の責任かだけを探して回って、リカバリしてる間中、他の部署の人にまで当たり散らしてた人もいました…。究極にかっこわるいと思ったことを生暖かく思い出します。男としてもどうかと思うなあ。あの態度は…。少なくとも、私は仕事をする上で、あんな風にはならないぞっと。

 さて、今日は無性にとんこつラーメンを食べたくなったので(えむさんの日記のせいかしら(笑))、新宿でラーメン食べて帰りまーす。明日はまた忙しいや。頑張ろうっと。

 

プレゼン終了。」への2件のフィードバック

  1. その、ぎゃーぎゃー他の部署にあたり散らしてた人って私が知ってる人のような気がする(笑)
    トラブルシューティングってほんと「底力」だよね。ホント去年は特に鍛えられました!
    プレゼン無事終了でよかったね〜。

  2. >鈴鈴さま
    知ってる人のような気がします(笑。みっともないったらなかったです。
    それで自分ではかっこいい気なんだから、おめでたいですよねぇ(苦笑。
    トラブルシューティングはやりがいあるけど胃も痛いですよね。
    プレゼンも無事に済んだし、明日の納品も無事に終わるといいなあ、って思ってます。

コメントは停止中です。