仕事の話。

 なんつうか、人がきりきりと分単位で仕事をしてるときに、制作会社から上がってきた資料が「いかにもやっつけ仕事です」ってデキだと、ホント萎えますねー。まー、確かに制作会社からしたら「言われたコンテンツを作るのが仕事ー」なんでしょうけれどもね。ただでさえ「企画書にやる気が感じられない」とかって課長に切られそうになってる会社で、それをフォローしてる自分が悲しくなってくるよまったく。(´・ω・`)

 私の今年の仕事のテーマは「愛」なのです。愛を持った企画書を書く、愛を込めて提案する。ってな。別にドラマのような展開を期待しているわけではなく、情熱に突き動かされているわけでもなく、単に「小綺麗にまとめすぎ。愛が足りてない」って上司に指摘されたのがきっかけなんですけれども。

 まあ、愛って言葉だけとっちゃうと「無駄な情熱」とか「思いこみ」とか変な方向にも取れちゃうわけですけれども(笑、そういうんじゃなくて、目指してるのは「相手のことを真剣に考えた企画をする」という仕事。かな。これまでやっぱり経験が足りてなかったり若かったりしたおかげで「仕事を無難にまとめる」って方向にだけ頑張っていたのですけれど、企画屋としてそれじゃいかん、ときっぱりはっきり指摘されたわけです。まあ、そりゃそうだよね。「面白いかどうか分かんないけどこれなら予算内で無難」って企画じゃあ、人は動かされないし。

 でもやっぱり、「自分ならどうする」って視点を持ってると、考えるのが苦しくなる瞬間もあったりして。やりたいこととやれることとやらなきゃいけないことって、必ずしも合致しないんだよなあ。予算とかもあるし。仕事は好きだし楽しいけど、仕事にはかねあいっちゅーもんも必要なわけです。難しい。

 ま、がんばりまーす。頭使えるときにつかっとかないとね〜。

Blog Ranking参加中。年末より年度末。
blog ranking ← 一日1ぽっちりよろしくお願いします♪

 

仕事の話。」への4件のフィードバック

  1. ん〜。僕も企画側の人間なので、良くわかります。
    人に意見を聞いて。「まぁいいんじゃない」と言われるものって、つまり受け手が「その企画に無関心である」って事になるわけで、何か足りないんですよね。
    私も産みの苦しみ味わってます。
    「愛」か…いいですね。胸にしまっておこう。

  2. 仕事がとても楽しそうですね。
    わたしたち、営業の間でも、いつも言われたり言ったりしてるのが、「相手を知り尽くしてこい」と言う言葉です。
    知り合った人を好きになったら、「趣味はなんだろ」から始まって、たとえば「たばこを吸う時の仕草のクセ」なんてマニアックな事まで知りたくなったりしませんか。
    そこまでは・・・・なんて事はともかく、それとプレゼン準備は同じ事と営業の間でもいわれます。
    なんてったって、「口説き落とす」事には変わりないですからね。
    企画立案はそういう意味では「愛」を込めないと・・・・なんでしょうね。

  3. 「愛」かぁ・・。私も企画書とか書くときは、もちろんアリ物に頼ったら早いけど、出来る限り白紙から起こして、自分の「エッセンス」は入れたいと思う。出来上がった企画書は出来が悪くてもやっぱり「自分が完成させたもの」ってなんだかいとおしく思う。これが「愛」なのかな(笑)
    でも、愛を込めるって、案外手間ひまかるんだよね。時間がないと出来ない話。時間がない⇒時間を作る⇒自分のスケジュール管理⇒自分の業務改善って繋がっていくのよね〜。

  4. >じぇいさま
    賛同いただいてありがとうございます〜。
    「まあいいんじゃない」=「どうでもいいんじゃない」だと、やっぱり良くないんですよね。
    そうやったキャンペーンとかコンテンツとかって、伸び悩む。
    これ、やりたい!きっと面白い!って企画は、ホントに苦しまないとなかなか出てこなくて。
    でもぱっと思いついたとき、それを紙にしていくときはやっぱり楽しいです。
    そんで課長に撃墜されたりすんだけど(笑。
    >こぶひろさま
    楽しいですねー。仕事は好きです。ていうか通勤が好き(変。
    上司に、企画書をラブレターだと例えたら、って言われたことがあるんですけど、そのときに確かに「ここが妥協点だと思うので私と付き合いませんか?」って企画書は、あり得ないと思いました(笑。
    あなたのことをこんなに考えてます、あなたのことをこんなに知っています、あなたと一緒にやっていきたいと思います、って姿勢が見えないと、やっぱり相手は動かされないんですよねー。
    思いこみではなくて、真摯に相手のことを考えた仕事をやっていきたいな、と思います。
    理想論かもしれませんけどネ(笑。
    >鈴鈴さま
    そうそう、アリモノで作ったヤツって、どうしても「漠然とした同じモノ」を提案してることになって、「オマエ誰にでも同じ事いってんだろ」ってのが分かっちゃうんですよね。
    それって同じラブレターを複数の人に出してるわけで…やっぱ愛がない。
    そこに愛を込めていく作業はやっぱり時間もかかるし手間もかかるし。その苦労を分かってもらえない上司だと刺し殺したくなりますね…(笑。そちらも大変みたいですが頑張ってください〜。
    わたしもがんばりまーっす。

コメントは停止中です。