台湾に行きタイワーン。Vol.3

 えー、すっかり今さら感も漂っていますが、台湾旅行記3つめです。まだ1日目すら書き終わってないことに今さら驚愕です。わっはっは。<笑えません。でも、帰ってだいぶ経つのにまたいきたいなー、と思います。熱に浮かれてみたいな感じじゃなくて、パワーをもらいに行きたいなぁ、って感じ。今度はトイレ用ウェットティッシュ大量持参で行くぞ(笑。

 さて、基隆(きーるん)夜市に到着した私たち。夜市近くの地下駐車場が、もう蒸し鍋のように暑くて汗が止まらないのはご愛敬。(?) なんていうか、殺人的です。たぶん、並のサウナよりも暑かったと思います。空調とか換気扇とかは全くない感じでございました。

 基隆夜市の様子。

 もう、ここは江戸川花火大会の会場ですか?ってくらいの混みっぷり。ずんずん歩いていく現地組の二人に、はぐれないように着いていくのに必死でした。でも、あふれかえるような活気に、飛び交う台湾語。あとはなにやら美味しそうな匂いと、屋台特有のすえたような臭いと、人の汗と雨のニオイまでが入り交じって、なんとも独特の雰囲気です。しかも汗をぬぐってもぬぐっても暑い。

 おさかな満載。

 ここはそんな屋台の立ち並ぶ一角。生のおさかなががんがん並べられたものがあり、それをどうして欲しいかを注文します。ものすごく人気があるようなお店で、ぐっちゃぐちゃに汚れたテーブルと椅子を、店員さんががしがしと片付けて拭き上げていきます。でも、拭き直してるわけじゃないからたぶん、蟹のエキスとかはテーブルにも椅子にもたっぷり残ってたと思われます。綺麗な格好で行く場所ではありません。ていうか汚いジーンズでもためらいました。

 空いたテーブルに、湯飲み茶碗みたいなものとお箸を手渡されて座ってろって指示されたのですが、私とmomoちは注文しに行ってしまった二人をポツーンと待ってました。二人が戻ってきたら、その湯飲み茶碗を持ってごはんをよそいに行ってしまいました。そ、そういうルールだったのか。ていうか台湾語知らないとまず食えないなこれは…。と、momoちと呆然と見送る。雰囲気に圧倒されて、すごいね、ちょっとすごいね、しか言わない二人(笑。カルチャーショックです。

 きたー。

 手前が山芋の葉の炒め物。アルファルファみたいにねばねばしていて美味しいです。青臭いけど、ニンニクとしょうがとごま油で炒めてあるのでクセが気になりません。奥に見えるのは塩焼きソバと、牡蠣のフライ。牡蠣は日本だとまだ稚貝と呼ばれるクラスの小ささでしたが、味は美味しい。滞在中何度も牡蠣を目にして、しかも食べたけど、全然あたらなかったので次回も食べると思います(笑。

 あさりの酒蒸しみたいなの。

 これはアサリの酒蒸しみたいなもの。たぶん、老酒とかで蒸してあるものだと思います。とてもお酒の強い香りがするんだけど、ニンニクの強い香りとうまくミックスしててとても美味しいです。日本のみたいに粒のそろったあさりだけじゃなく、これってもしかして蛤の子供?とか、この貝何?みたいなのもいっぱい入ってました(笑。

 その間に、7〜8歳くらいの子供が料理を持ってどんどん運んでいきます。お手伝いしなさい、なんて言われてシブシブ、じゃなく、おかーちゃん遅いよお客さん待ってるよ位の勢いで、料理の皿をお母さんと思われる女性からひったくるように持って行ってるのが印象的でした。日本の子供って、できないよなー…。たぶん。

 このあと、おさかなのスープ(撮り忘れた!)を飲んで、もう胸までいっぱい。たぶんタラ。シンプルな塩味。なんとかおさかなスープはおかわりしましたが、ずーっと食べ続けてたのでさすがにもう、入りませんでした。うーぷ。ポロさん曰く、「ここは台湾中でいちばん!の台湾料理のお店!」ってことだったので、台湾のソウルフードは一応押さえたってコトにしよう。うん。

 その後ホテルまで送っていただき、ようやく部屋でくつろぐことに。

 初スウィート!

 初のスイート体験。ということで、ジュニアスイートに泊まりました。(それでもネット予約で二人で24000円程度) 二部屋ある豪華なお部屋でした。

 ベッドも広い。

 おもわず写真撮る前にダイブしちゃったので、皺ついてるのはご愛敬(笑。いくら転がっていっても端から落ちないよ! とか言いながら二人でごろごろ。ホテルばかりか建物全体の空調が効きすぎていて、クーラー切って寝ても寒いくらいでしたが、それをのぞけば快適でございました。二人とも前日ほぼ寝てないのを思い出し、23時頃さくっと寝ちゃいました。翌日何をしようか、なんて言ってたのに、爆睡(笑。

 次回は、中正記念堂などオーソドックスなコースを巡ります。

Blog Ranking参加中。ようやく1日目が終わりました(笑。
|BlogRanking に一票| ← 一日1ぽっちりでやる気倍増♪ 頑張ります♪

 

台湾に行きタイワーン。Vol.3」への2件のフィードバック

  1. いいなーいいなー、おいしそう♪
    やっぱり、ツアーのご飯は日本人好みの味付けに
    してあるのか、どうもパンチ不足でした。
    >今度はトイレ用ウェットティッシュ大量持参で
    うんうん。汗拭き用ウェットティシュまで総動員でしたもん。

  2. >caolさま
    うーん、夜市はちょっと…ツアーじゃ無理だと思います(笑。
    みんな同じものが出てきてそれなりのサービスじゃないと、クレームでそうですし。
    ものすごく美味しいか、って言われると、大阪の串揚げとかと同じく、好みもあるかも、
    って感じですけれど、一度食べてみる価値はあると思います。
    でも、私は臭豆腐だけは、無理…。orz
    トイレがいちばん困りますよねー。
    流しちゃいけないってのが困りました。本気で。
    トイレットペーパー文化がないかららしいんですけれど、
    日本人からすると、汚れたティッシュをポリバケツに溜める時点で、アウト。

コメントは停止中です。