一段落。

 追われまくっていたページのアップが終了。明日、明後日と公開作業が続いていくけれど、それに関してはもう本当に納品待ちのファイルを順々にアップしていくだけで、とても気が楽。やりとりも修正も入るだろうけど、原稿のやりとりとかデザインに関してとかの一番骨が折れる部分が終わったので、すっきりしてます。まあ、時間的拘束はまだ続くんですけどね。緊張感が違います。やれやれです。年内にまだ別件のプレゼンも取材もあるし、あんまり手放しでは気が抜けないんですが。それに合わせて咳もだんだん落ち着いてきました。気管支が細くなってひゅーひゅー言いながら咳をしていたのが、ちょっと普通になった感じ。体は元気です。咳のしすぎで腹筋はいたいけど(笑。

 仕事のことだけで埋まっていくほぼ日手帳、佳境だった12/5、欄外の一言がこんな言葉でした。

 非効率や不安定のなかでゆれることは、いちばん大事なのではないかとぼくは思います。ものごとは、毎日、変わってゆくのです。自己主張を押しつける仕事になってしまうなら、自信を持たないままつづけるほうがずっといいんです。
<斉須政雄さんが『調理場という戦場』の中で>

 案件が多くても、日常的なタスクの連続であった平穏な日々から、非日常にも近い理不尽な進行にたたき込まれ、さらに新しい案件が持ち上がり進行し、どれもプレゼンへと成長していく段階の頃でした。もともと抱えている仕事も多かったのに、私一人にこんなにタスクが集中して非効率だ。クオリティも維持できる自信がないし、一番トラブルの元になっている仕事はまるで自分の仕事の気がしない。と、ぐるぐる悩んでいた時で、はっとしました。こういうことがないと、成長できないってのは、新人の頃にイヤって程思い知らされたのに、忘れてるんだなーと。まさに、のどもと過ぎればなんとやら。

 効率よく、格好良くやってるだけじゃダメで、じたばたして、もがいて転んで、泣きそうになりながらやり通す、って、久々だったけど、まあやり終えられて良かった。まだ終わってないけど。あまりにも思うように進行しない仕事で、次長から電話かかってきたときに本気で泣きそうになったことも、まあ終われば良い思い出になるかもしれません。
 ドラマとか本とか映画とかゲームではすぐ泣く私ですが、仕事上のことが原因で泣いたことは、まだ2回しかないです(しかも家で)。会社の人に涙は絶対に見せません。泣いたら済むと考えてるように思われたくないこと、泣くくらいなら手を動かす、泣くほど悔しいならバネにして頑張ること、が信条ですが、自分の非力さとかおよばなさが、努力ではもうどうにもならない範疇にあると、あまりにも悔しくてやっぱり涙が出そうになります。

 そーいや、私の前にいた女子はみんな何度となくトイレで泣いているのを目撃され、さらに次々とやめていったんだったっけ。課長に「そんな子が続いたのに、よく私を採用しましたね?(笑」って聞いたら「オマエ、仕事じゃ絶対泣かなさそうだもん(笑」って笑われたっけなー。そんなに強くもないですが、ね。まー頑張ります。ボーナス査定がプラスだったので、良いことにしよう。ふっふっふ。前の人と差がついたので機嫌がよいです(笑。だっておんなじ給料じゃ絶対割に合わないんだものー。

Blog Ranking参加中。つうわけで、クリスマス準備も進めますよ。
|BlogRanking に一票| ← 一日1ぽっちりでやる気倍増♪ 頑張ります♪

 

一段落。」への4件のフィードバック

  1. おつかれさん。
    こちとら暴風雨。
    たまには早く休みやぁ。あったかくして。

  2. >ネコヒメ。
    疲れてるけど久々に早く帰ったのが嬉しくてゲームしてしまい、
    寝るのはいつも通りだった。orz バカだ…。
    もう、遊びたくてしょうがないんだよね。脳が。

  3. そりは疲れてハイに成ってると思われ w
    ま、無事に乗り切ったようで ヨカッタ ヨカッタ

  4. >あるくさま
    あー。ハイだったんですかねえ(笑。
    普段、仕事から帰るとすっぱり仕事忘れて遊んでるタイプなので
    その時間が全く取れないってのはなかなかストレスだったみたいです…。
    後は年末まで頑張れば、年明けはちょっとのんびりです〜。

コメントは停止中です。