ぼんやるり。

 最近なんとなくぼんやり思っているのですが、私、とんでもなく丸くなったなあと思います。あ、カラダじゃなくて性格ね。性格。カラダも丸くなってるんですけど。・゚・(つД`)・゚・

 まあ、年食ったってのも当然あるんですが、ピリピリトゲトゲすることってあんまりというよりもほんと滅多になくて、イラっとしても数十秒後には綺麗さっぱり忘れられるような精神的安定感があるというか。たとえ月例なものが原因で一時的にどこーんと落ち込んでも「ああ、時期だからか。1日で終わるな」と冷静に見ている自分がいたり。そういうときには自分がぶれないように落ち着いて行動することを心がけたり。

 あ、以下うだうだ文なのでお暇な人だけどうぞ(笑。あんま身のある話でもないです(笑。

 結婚してから落ち着いたなーとは思ってたんですけれども、こないだなんとなくふと、「これってもしかして土地柄の問題なのではないだろうか」と気づきました。福岡って、情に厚くて負けん気が強くてお祭り好きで、みたいな、端的に言うとそういう雰囲気というか空気がすごく濃厚な土地なんですよ。うまく言えないんだけど、ちょっとしんなりした人がいたら「そんなんじゃいかんよ!」って誰かが言葉を発するような空気というか…。誰かに、って具体的にじゃなくても、常に誰かに何かに負けてはいけなくて、ずどんと突き抜けていくような勢いを暗に求められている…ような。

 まあ、家庭ごとの空気ってのももちろんあるんだと思うんですけど、「なんや、つまらーん」(博多弁では「つまらない」って言葉に軽く「(お前は)どうしようもない」的な意味も含まれます)って言われると「なんがつまらんとや」っていうぴりっとした空気が、うちの実家だけではなくて全体的にあるなあと。まあ、育ったのは小中高なんで社会でどうかは知りませんけども。

 で、結構、それって私にとってしんどいことだったのかもしれないなーと。仕事と戦ったり、役割を全うしたり、自分の弱い心と戦ったりするのは私にとってそれほど苦痛じゃないのだけれど、誰かを蹴落としたり、誰かより上に行ったり、何かよりすごくなきゃいけなかったり、なんかそういう常に誰かと競走していなくちゃいけない状況は、私をものすごく精神的に追い詰めていたのだなと。

 早く、何かに、勝たなくちゃ…。

 そう思いながら闇雲に、誰に褒めてもらうのか分からないけれど誰かに褒められることを常に望んで走り続けていた感じ。目的の見えないマラソン。福岡は食べ物が美味しくて楽しくて夏は暑くて友達がたくさんいて大好きだけど、帰りたいと、家を出てから一度も思わないのは、思い出に常にどこか疲れた気分がつきまとっているから、のような気がします。固めなくちゃいけない殻が多かった。

 東京は、ある意味ドライで踏み込まない。人情も付き合いも割合希薄だけれど、それはいろんな地方の人がよりあつまって生きる上でできたルール…。希薄さ故に孤独も感じやすいけれど、孤独には割と強い私にとっては「自身を否定するor競走をけしかける人がいない」ってのは、もんのすごく楽でした。私が何をしていても、「あなたはあなた」って一線引かれていることで、暮らしていくのがとっても楽なのです。自分ってなんだろう、私って一人で生きていけるのかしら、なんて思い始めると負のスパイラルなんでしょうけども。孤独に弱いタイプの人には正直おすすめしないかなあ…東京での生活。

 あと、結婚してさらに丸くなった理由としては、momoちがまるっきりマイペースな人なので、私がとげとげしくなる理由がまったくなくなってしまうってのがあります。私が仕事でピリピリしていても、まるで気づかないしまるで気にしない。私がマレに家で「うがーヽ(`Д´)ノ」って八つ当たりモードになってたら「あーんDV〜・゚・(つД`)・゚・」ってふざけながら逃げたりするので、吹き出しちゃって怒りが持続しません。で、自分はたまに凹んでるけど私を巻き込もうとはしない。八つ当たりなんてしたことがないと思うし。精神的に助けられてるなあ、とかなり思います。

 割と不安定になりがちだった自分の精神がここ数年異常に落ち着いている理由が、結婚したからだけかと思っていたのですけど、最近何となく福岡行ったり群馬行ったり帰ってきたりして土地柄ってのもあるのかなーとぼんやり思った次第。

 頑張るのは好きだけど、褒めてもらえないのは嫌いなんだ私。たぶん。人を褒めるの苦手だったのも、最近直ってきた気がする。褒めてもらえることが多いから、人も素直に褒められるよ。うん。良かった。人を褒められないところがひねくれててすごく嫌いだったんだー。(´ω`)

Blog Ranking参加中。別に福岡が嫌いなんじゃないんだ。楽しいし好きなんだ。
|BlogRanking に一票| ← 大人になったのですべて自分の責任、って、なんて楽なんだろう。